バイオマスは、太古に生殖していた茅・葦などが腐り、堆積してできた泥炭腐植に、活性炭素が複合された地力のエッセンスとも言える腐植物質で、いつでもどこでも安心して使用できる土壌調整剤です。

効   果 分 析 値
@バイオマスの腐植は、地中幾千年を経過して出来てきた熟成堆肥ともいえるもので、土壌の酸性・肥効・水分・通気の調整をよくします。

Aバイオマスの腐植は、土壌有益微生物の餌となって、その増殖を促し、連作障害の軽減に役立ちます。

Bバイオマス中に含まれた活性炭素は、根圏微生物の活動を盛んにする働きがあり、作物の細根形成活動を活発にします。
pH 7.21
EC 2.62 mS/cm
窒素全量 1.7
りん酸全量 0.3
加里全量 0.5
石灰 2.3
苦土 0.3

使 用 方 法

施設園芸 10a当り20〜30袋を定植前、全層に出来る限り深くすき込む。
露地野菜 10a当り5〜10袋を定植前、全層又は溝畦に施用する。
果樹・茶樹 10a当り10〜20袋を土壌改良時、定植時にすき込み施用する。
1u当り1リットルを目土に混ぜて使用する。
NET40リットル
商品一覧に戻る 土壌改良材に戻る